HOME

ブログ・新着履歴

各家庭や会社などに固定電話を設置する権利

以前は電話加入権料として7万以上の支払いが必要でしたが、利用者数が増えるにつれて電話加入権料は減額され、現在ではそういった費用名称はなくなりました。
いまでは、施設設置負担金という名称の設置工事費用として、電話回線の新設を申し込んだ後に4万円弱を各地域の電気通信事業者に支払うことによって電話加入権が発生します。
一方、ケータイ電話および自動車電話の電話加入権はどうでしょか。
こちらは、今まで新規加入料を支払うと発生していましたが、現在では事務手数料として表記されています。
ケータイ電話の電話加入権は、新たな番号でのケータイを契約する際に事務手数料を支払えば発生しますので現在では特に面倒な手続きや高額な支払いが必要になることはありません。
固定電話なども各家庭の電話線の開通がほとんどの地域で完了していることから、総務省と電気通信事業者で施設設置負担金の廃止を検討している状態です。
電話加入権は簡単に手に入りますが、固定電話・ケータイ電話ともに、電話料金が長期に渡って未払いの状態が続いた場合、電話サービス契約約款第24条に基づき、権利が消滅することがあります。

HOME